【希望者で愛知県のTSMさんと交流練習】

TSMさんと交流練習


小学生・中学生の希望者で、愛知県のクラブチーム、TSM(トータルスポーツマスター)さんと交流練習に行ってきました。


スポーツの基本的な運動から、長距離やジャベリックスローなどの専門的な所まで練習してきました🏃‍♂️

子供たちも、たくさんの指導者の先生方や同年代の仲間たちと関わって、勉強になったと思います😊

またよろしくお願いします🙇‍♂️

【第107回日本選手権室内大会で得られた成果】

日本選手権室内で得られた成果


2024年2月3日の日本陸上競技選手権大会室内大会

U20女子60mHに当クラブ所属の後藤杏実選手(鈴鹿高校2年)が出場しました。
結果はB決勝3位でした。

ハードル種目はなるべく踏み切らないでハードルのスレスレを跳ぶ競技ですが、
この大阪城ホール独特のボードトラックの反発が強すぎて浮いてしまい、全く自分の動きができていないようでした。

本番での動きは、それまでの練習やウォーミングアップの動きとは全く違っていました😅

ただ、全国大会に出るということには、非常に大きなある利点があります。
織田記念大会の名前にもなっている、三段跳でオリンピック金メダリストの織田幹雄先生の著書『金メダル』の中に、こう書かれています。
当時、織田先生は日本代表コーチとして選手たちを指導していました。
『欧州での競技会に頻繁に選手たちを派遣した。メキシコオリンピックで自己最高記録を作り、四位に入賞する殊勝をたてた菅原選手に直後に、何が良かったか尋ねてみた。❗️それは、これまで繰り返した海外遠征で、強い外国選手のすべてが顔見知りとなったうえに、相手の力も解ったので、固くならずに存分に投げられたということだった。』❗️
とあります。
全国大会に出て、強い選手達と何度も競うことで、場慣れして自分の力が出しやすくなるということです。

また、今大会で知り合った指導者の先生方と、今後はさらに関係を密にし、交流を図っていければと思います🔥
よろしくお願いします!!

【足が速くなって競技成績が残せればそれでOK?】

【足が速くなって競技成績が残せればそれでOK?】
私は小学校3年生から陸上を始めて、今もコーチをする傍ら現役で選手を続けています。
そのなかで、市の大会の入賞レベルから日本のトップクラスの選手、そして世界でメダルを獲得するレベルの選手まで多数の人々と関わってきました。
(実は私の学生時代の同級生にオリンピアンや現役のプロで活躍している選手がいます)

見てきて感じるのは、強い選手が皆一様に他者より人間性が優れていたり、人一倍努力を積んできていたりしているわけではないということです。
何かの本で読んだのですが、プロ野球の1軍と2軍の選手の差について。
フィジカルの要素ではほぼ差はないようです。では、2軍の選手達には怠け者が多いのか?それも違うらしく、むしろ2軍のほうがのし上がってやろうと一心不乱に努力している選手が多いらしいです。
(ここではあまり触れませんが、その差は運や環境、または自分にとって良き指導者に巡り会えているか?という点らしいです。)

私はたとえ競技力が強かろうが、横柄で周りのことを考えられないような選手ではダメだと思います。
私の身近にも高校時代、強いけど生活態度は最悪な人がいて、「こんなやつ絶対に応援してやるか」と思っていました笑
内心、「さっさと潰れろこんな奴」と思っていたら、案の定その後は伸びずに消えていきました。

人から応援されないような選手では大成できないと思います。

ただ、はっきり言って、残酷にもスポーツは才能の有無によって決まります。(私も身に染みて感じてきました、、、)
その才能と思考停止による短絡的なフィジカルトレーニングで圧倒して勝てているだけで、中身はスカスカで良いのでしょうか?

スポーツで活躍できるのは人生のなかでせいぜい20代から30代くらいまでです。
引退して自分には何が残るのか?を考えて行動する必要があると思います。


KINGDOM ACの選手達には、自ら課題を見つけて解決のための道を模索でき、かつ人間性として謙虚で周りから応援される人に育っていってほしいと思います。

 

【古武術の達人 甲野善紀先生の講習会に参加しました!】

古武術の達人 甲野善紀先生の講習会に参加しました!】
甲野善紀先生は東京の松聲館という道場で古武術の研究をされている先生です。
NHKあさイチという番組にも、
古武術に学ぶラクラクテクニック」を伝授しに出演されていました。

そんな甲野先生に、陸上競技に活かせる身体の動かし方を学びに講習会に参加してきました!

⭐️スポーツにおいて、剣道でも柔道でもサッカーでも野球でも陸上でもなんでも共通するポイントがあります。

それは、
"いかに力を込めるか?"
ではなく、
"いかに力を抜くか?"
ということです。

甲野先生のもとに、オリンピックで柔道で銀メダルを獲得した選手が訪れたそうです。
甲野先生と組み手をしても、甲野先生が出す腕を払うことができなかったそうです。

また、甲野先生が相撲部屋を訪れた時は、力士2人がかりでも甲野先生に吹っ飛ばされたそうです。
(私もその力士の人達と同じく、甲野先生と実際に対決してみましたが、簡単にひっくり返らされました笑)

甲野先生の動きはなにが違うのか?

甲野先生は脱力と身体の仕組みをフルに活かして動き、
例の柔道選手や力士、そして私、森は筋肉に頼って、力で動いているのです。

❗️筋力アップ、ひいては筋肉の力の発揮の仕方に着目して動いている限り、限界があります。
❗️❗️その人が持っている能力以上の力を発揮することは絶対にできません。❗️❗️

今回の講習会で、介護やスポーツなど、あらゆる場面において脱力し、身体の骨組みを活かしてラクに(速く)動く方法をいくつか学ぶことができました。

これからもさらに学びを深めていきたいです🔥

甲野善紀先生の講習会に参加しました!

 

【運動遊びこそ最強のトレーニング❗️】

【運動遊びこそ最強のトレーニング❗️】
今日の小学生の練習は、競技場が使えなかったため緑地公園内で坂ダッシュと、うんていを使って遊びました🐒

やってみればわかりますが、
うんていはただ普通にまっすぐ進もうとするとめちゃくちゃ疲れます。
体のひねりを使って、勢いを使えるとラクに動けます。

動画の子のように、細身でもラクラクと動けます。

極端な話、子どもにサッカーや野球などスポーツの習い事を週に何回もするくらいなら、
運動遊びをたくさんさせたほうが絶対に運動能力は上がります。
何回もやっていれば、子どもたちは大人が教えなくとも自分たちでコツを掴んできます。

幼稚園、小学校の間にこういう
"運動遊び"をどれだけ経験しているか?

遊びの経験の差で

小学校までの"遊びトレーニング"

中学校・高校での"競技"

に移った場合に能力がかなり変わってくるのを感じます😳

皆さんもぜひ公園に行って様々な運動遊びをしてみてください!

うんていトレーニン

 

【new! コーチ採用情報】

在籍生徒数の爆発的増加を受けて、コーチを募集いたします。

自分がまだ競技を続けている人や、真剣にコーチングや子ども達との関わりを学ぼうとしている人大歓迎!!

小学生の子達が楽しそうに運動しているところや、中高生が練習で新たな発見があったり、自己ベストを更新して喜んでいるところを間近で見て、関われる最高のお仕事です✨✨

ぜひ一緒にコーチしませんか?🙌

詳しくはアスリートYのホームページ→「コーチ採用情報」よりご覧ください。

https://www.athleteyokkaichi.com/コーチ採用情報/